チケット for LINE

TOP > お役立ち情報 > コラム > アクティブシニアの定義とは?特徴やライフスタイル・マーケティングについて

お役立ち情報

チケット管理のトピックスなどお役立ち情報を発信しています。

アクティブシニアの定義とは?特徴やライフスタイル・マーケティングについて

高齢者と呼ばれる65歳以上の年代の方にも、健康的で意欲をもって仕事や趣味に取り組んでいる方は多いです。

本記事ではアクティブシニアの定義や特徴、ライフスタイルを紹介します。アクティブシニアへのマーケティングで成功するコツも解説しているため、しっかり確認して事業に活用しましょう。

 

アクティブシニアの定義とは?


今は、人生100年時代ともいわれる時代です。長生きするならば、年齢を重ねても介護の必要がないほどずっと元気でいたいと感じる人は多いでしょう。

実際に年齢を重ねても元気な方は大勢おり、「アクティブシニア」と呼ばれるようになりました。アクティブシニアとは、「年齢に関係なく、仕事や趣味などのさまざまなことに意欲的で、健康意識が高くてアクティブに活動するシニアのこと」です。

はじめに、アクティブシニアとはどのような方を指すのか、対象となる年齢層や今後の見通しをチェックしていきましょう。

 

アクティブシニアの年齢層

「アクティブシニアとは、どのような年齢層のことを指しているのか」は、はっきりと定義されているわけではありません。

ただし「一般社団法人日本アクティブシニア協会」では、アクティブシニアの年齢層を65~75歳までの前期高齢者と定義しています。一般的な認識としても、そのあたりの年齢層の方を指すことが多いです。

 

アクティブシニアは今後も増加が見込まれる

総務省のデータによれば、2030年には高齢者の約8割をアクティブシニアの方が占めることになると予測されています。実際に、今でも65歳以上の高齢者には介護が不要な方が多いです。

マーケティング活動の際は、「高齢者は身体機能や認知機能が低下する」という今までの概念のままでいてはいけないでしょう。アクティブシニアの方が多いことを念頭に置いた適切なマーケティングが必要です。


参考:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h25/html/nc123210.html

 

 

アクティブシニアの特徴

アクティブシニアの特徴は、以下のとおりです。

 
・  旅行やお買い物、趣味などに時間とお金を費やす
・  健康への意識が高い
・  スマホ決済を利用するデジタルシニアも増加中
・  老後のことは自己解決する

 
アクティブシニアは時間面や金銭面に余裕があるため、自身のために有意義に使う傾向があります。これらの特徴について、詳しくチェックしていきましょう。



1.旅行やお買い物、趣味などに時間とお金を費やす

アクティブシニアの特徴のひとつは、旅行やお買い物、趣味などを大いに楽しんでいることです。

基本的にアクティブシニアは、趣味に時間やお金を使うことをあまり惜しみません。友人と一緒に過ごしたり、積極的に旅行に行ったりなどして楽しんでいます。

アクティブシニアは、新しい価値観を手に入れることに意欲的です。新たな旅先や新たな趣味などを見つけ、活動の幅を広げています。



2.健康への意識が高い

健康への意識が高く、「生涯現役でいたい」という意識が強いことも、アクティブシニアの特徴のひとつです。たとえば70代のアクティブシニアは、膝の痛みを抱えていたとしても、それでも健康でいられるようにとウォーキングなどの運動を取り入れる方が多いようです。

このように、できる限り病気やケガにならずに元気でいられるようにと、さまざまな健康グッズや病気予防の健康法を取り入れています。

アクティブシニアに対してマーケティング活動をする際は、健康にフォーカスした訴求をすると反応が良いでしょう。



3.スマホ決済を利用するデジタルシニアも増加中

アクティブシニアの特徴としては、普段のお買い物でスマホ決済を利用するシニアが増えていることも挙げられます。

先述のとおり、アクティブシニアは新しい価値観を手に入れることに意欲的です。そのため、アクティブシニアは新しい決済方法とも相性が良いようです。

近年のキャッシュレス割引や増税などの影響もあってなのか、電子決済を活用するデジタルシニアが多くなりました

実際に、スマホを活用しているシニアが増えているというデータがあります。MMD研究所が発表した「第1弾 2022年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査」によると、シニアのモバイル端末所有率は94.0%にものぼります。そのうち、スマホ利用者は89.0%、フィーチャーフォン利用者は7.3%でした。

 

 

フィーチャーフォンを利用している方のなかでも、44.0%はスマホへの乗り換えの意向があります。実際にシニアのスマホ利用者を2021年と比較すると4.2pt増えているなど、今後もスマホを使いこなすデジタルシニアは増加傾向にあると考えられるでしょう

参考:https://mmdlabo.jp/investigation/detail_2115.html 



4.老後のことは自己解決する

以前は、親が老いたならば子供が面倒を見るというのが当然のことでした。しかしアクティブシニアは、子供に面倒を見てもらおうとは考えておらず、負担を掛けたくないという考えの方が多いです。

そのため、アクティブシニアはなるべく長く自立した生活が送れるように、健康でいられる年齢をのばそうとする意識が高いともいえるでしょう。

 

 

アクティブシニアのライフスタイル

アクティブシニアに共通していることの多いライフスタイルのトレンドは、以下のとおりです。

 
・  旅行を楽しんでいる
・  趣味に没頭している
・  適度なスポーツをして体力維持を心がけている
・  仕事やボランティアで働いている

 
アクティブシニアは心身ともに健康であり、経済面にも問題はないという特徴があります。そのためセカンドライフが充実するような、これらの生活を送っている方が多いです。

それでは、アクティブシニアのライフスタイルを詳しくチェックしていきましょう。

 

1.旅行を楽しんでいる

アクティブシニアのライフスタイルとしては、旅行を趣味にしている方が多くみられることが特徴です。

シニアといわれるような年齢になるころには、子供が手を離れたことなどにより、自分の自由になる時間が増えます。たっぷりと時間があることを活かして、ひとり旅や友人との旅行、ツアーなどで積極的に旅行に行って楽しんでいるシニアが多いのです。

 

2.趣味に没頭している

趣味に没頭している方が多いことも、アクティブシニアのライフスタイルの特徴だといえます。楽器や絵画、手芸、英語など、それぞれ好きな趣味を思いきり楽しんでいるシニアが多いです。

もともと趣味をもっている方ならば、今までできなかったことをやりたいようにやれるようになるでしょう。また、特に趣味がなかった方でも、時間ができたことで興味があることや周りからの影響などで新しい趣味を始める方が多いです。

 

3.適度なスポーツをして体力維持を心がけている

アクティブシニアが趣味を楽しんで充実した生活を送るためには、心身が健康でなければなりません。充実した生活を送れるようにと、ウォーキングなどの適度なスポーツを取り入れ、常日頃から体力維持を心がけることもライフスタイルの一部になっています。

そのためアクティブシニアには、地域のスポーツサークルやスポーツジムなどを活用し、定期的に運動して体力や健康を維持している方が多いです。

 

4.仕事やボランティアで働いている

アクティブシニアのなかには、仕事として、またはボランティアとして働いている方もよくいます。平均寿命が延び、アクティブシニアが増加したことなどの時代の変化により、70歳まで雇用延長する企業が増え、シニア層の活躍する場が多くなりました。

アクティブシニアが経験豊富でさまざまなスキルや知識を持っていることなどにより、人材として求める企業や働くことを応援する企業が多いのです。

また、区や市町村のシルバーセンターなどでボランティアをして働いているシニアも多くいます。

 

 

アクティブシニアのマーケティングで成功するためには

アクティブシニアのマーケティングで成功するためには、以下のコツを理解しましょう。

 
・  興味や関心を理解して適切に訴求する
・  ペルソナ設定を明確にする
・  シニア層の有力な情報収集源を認識し、アプローチする

 
最後に、それぞれのポイントを詳しくチェックしていきましょう。

なお、効果的な高齢者の集客方法やコツ、注意点などを知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

効果的な高齢者の集客方法やコツとは?集客における注意点も解説



1.興味や関心を理解し、適切な訴求をする

マーケティング活動の際は、アクティブシニアが今何に興味があり、何に夢中になっているのかを把握し、それに見合った訴求をすることが大事です。

アクティブシニアは、とくに趣味や旅行、健康管理、スポーツについて高い関心を持っています。興味や関心の高い話題から、自社のサービスや商品などを訴求する流れにすると効果的です。



2.ペルソナ設定を明確にする

マーケティングで成功するためには、訴求しやすい方をペルソナとして明確に設定するようにしましょう。アクティブシニアへの理解を深めて、はっきりとしたペルソナ設定があれば、一貫したマーケティング施策と確度の高いターゲットへのアプローチが可能です。

アクティブシニアの消費傾向や夫婦関係などを調査し、ペルソナ設定をより具体的にすると良いでしょう。たとえばアクティブシニアは、行動的な趣味や外出に関してお金を消費する傾向にあります。多少高額であっても、品質が高いなどの付加価値があるものを選択することも特徴です。



3.アクティブシニアの情報収集源を認識してアプローチする

マーケティングを成功させるためには、シニア層が情報収集の媒体としているものをアプローチに活用しましょう。シニア層がよく情報収集に使う媒体にはどのようなものがあるのかを理解し、その媒体を使ったアプローチによって効果的なマーケティングができます。

シニア層は、昔ながらのTVや新聞といったマスメディアから情報を収集する傾向が強いようです。ただし、スマートフォンを保有する方も増え、インターネットからの情報収集もおこなっています。Webとそれ以外の従来メディアを両方取り入れたマーケティングがおすすめです。 

 

 

まとめ


アクティブシニアとは年齢に関係なく、仕事や趣味などのさまざまなことに意欲的で、健康意識が高くてアクティブに活動するシニアのことです。

総務省のデータによれば、2030年には高齢者の約8割をアクティブシニアの方が占めることになると予測されています。マーケティング活動の際は、アクティブシニアの方が多いことを念頭に置いた適切な対応が必要です。

アクティブシニアの特徴は、以下のとおりです。

 
・  旅行やお買い物、趣味などに時間とお金を費やす
・  健康への意識が高い
・  スマホ決済を利用するデジタルシニアも増加中
・  老後のことは自己解決する

 
アクティブシニアの特徴やライフスタイルなどを理解し、マーケティング運営に活かしましょう。


アクティブシニアへマーケティングをする際は、チケットの販売管理をおこなうシステムの活用が便利です。「チケット for LINE Hybrid」を活用すれば、LINEで直接PRできるうえに初期導入費用も月額固定費用もかかりません。LINEを活用したスムーズな運営を実現できる「チケット for LINE Hybrid」について気になる方は、ぜひお気軽にお問い合わせや資料をダウンロードしてみましょう。 

 

 

チケット for LINE Hybird概要資料

特長や機能など1つの資料に集約しています。

チケット for LINE Hybirdに関するすべての情報を1冊にまとめた資料です。チケット for LINE Hybridの機能や活用事例を紹介しています。